日本
sasaworks1990@gmail.com

素描59

『素描59』

虚勢と知らず飛ぶ鳥は、高度を下げずに抗えない空に消えていく。愛のある連関を見ない人々は支配者にぱくりと食われていく。

捉えどころのない視点は自然に似ていて、与えられたお菓子の扱い方を意識しない。分別と敗北の間で揺れる心。ちょうどいい穴に、ちょうどいい穴に入りたい。