日本
sasaworks1990@gmail.com

カテゴリー: 自由詩

so sasatani,objective-Saw since 1990.02.02

礫 廉潔に影 黒い小粒の実り 問わずに語る夢幻の営み 足指まで冷えた冬至の思い出 そぞろにわずかな淋しさ 柊や、柊や 邪宗の入門 内側からなる媒介者のための孔 のぞくとひとつ おそるるものにふたつ 白い秋は過ぎ去り 北の…
続きを読む

友の便り

友の便り 弔いは発見に似ていて 同じ街に生きて 違う価値で死に 探すことをやめれない犬 目に余る心情 バクバクと謳歌し喰らい合う 隅っこで、景色を、純粋なる友よ、友の友よ さようであるならば また逢う日に 葵が咲くと信じ…
続きを読む

色かすみ

色かすみ どうして抗うことができよう 手を繋ぐかすかな息づかい 鼻持ちならぬ正義も曇った天の罰も 蒲公英の綿毛のように 旅をする 夢の中のサンタは いつも忙しくて 結末を急ぐ 本当はただ あなたを愛したかった だけなのだ…
続きを読む

去る

去る 逡巡は魚とともに泳ぎ 駆りだされた兎や鳩、私とあなた 対極にとがった 爪が 磨かれず 磨かれず 光もおざなりに踵を返し 糸が縫われていく、私とあなた 遠く遠く 鉄砲が鳴る

-斑-

-斑- 沈黙に高揚 沈黙の効用 沈黙と紅葉

通話

通話 順応的に管理します 納品 8.8.8.8  代わりに胃を痛くしときます 人生という人生を歩み始めます 巡回 2.2.2.2 ルーレットはいつもあなたに 止まるわけではありません 故障 5.5.5.÷ 可塑性の愛をお…
続きを読む

惰性とした

惰性とした 草が刈り取られました 星々が呼吸をし初めました 穂が揺れました ヒトデが移動しました 現実の平凡さ・冷たさを離れました 甘美でした 空想的で情緒的でした 夜のラジオが流れました 寛裕な人々は眠りにつきました

未耕作の土地

未耕作の土地 一つ穴の狐 鉄格子で前が見えず 一つ穴の狐 ひりひり焼かれた死体の上 あなたにどんな言葉を かけてあげられるだろう 大蛇よ 全てを丸呑みに 溢れる涙が止まりません それを愛と呼ぶには およびません 人はあま…
続きを読む

mnte

mnte 愛でよう。 洋梨をお皿にのせて、パクリとひと口。 霧がかる空中を泳ぐ猫。 15 minute 15 minute 15 minute 残った紙に、希望を描こう。 駆り出された余白を、 計画性のない植物に託す。 …
続きを読む

diago

diago ゆう べ木 村 斯 光 山 元 桜 月 は  池田 寒山 小 見寺 八山不 二 木 阿 古 が  ゆ うべ木 村斯光 山元桜月 に   池田 寒 山小見  寺 八山不二木阿古 を   ゆうべ 木 村斯光山元桜…
続きを読む