日本
sasaworks1990@gmail.com

2022・05・28

日記

朝、用意して東京まで行き駅弁とアサヒスーパードライを買って新幹線に乗り込む。大阪に住んでいた時はちょこちょこと行っていたが、関東に来てからは初めての京都。窓から景色を眺めながら駅弁とビールをいただく贅沢な時間。新横浜でゆうさんと合流して他愛もない話をしていたら到着。

会場入りまで少し時間があるので、三十三間堂に向かう。なかなか暑いが晴れていて気持ちがいい。まずは本堂に入らずに遊歩道をあるく。新緑の鮮やかさ、枝の強靭さとしなやかさ、ととのえられた苔のような植物の広がりなどを味わう。上野でやっていた空也上人の個展の時に買った『寺院と仏像のすべて 観賞の手引』を持ってきていたので、門をみて「ふむ、これが八脚門か」などと照らし合わせてみる。この場所にいると普段感じる穏やかさとは違う穏やかさに包まれる。えも言われぬ不思議な感覚。

そのあとはいよいよ本堂に入る。観音像がずらっーと並んでいる。圧巻。「その無数の像の中に自分と似た顔があるはず」とゆうさん。見終えて腹ごしらえに鎌倉パスタで『華味島の明太子カルボ』を食べる。これがまた美味しい。家でもこのクオリティを作れれば。

会場に入って主催のチョリさんにご挨拶してリハーサル。場所もとても居心地がいい。とてもあたたかく迎えてくださり嬉しい。自分も何かをする時はそうしたい。イベントのスラムが始まった。投げ銭もきちんとプレイヤーに対価が届き素敵。ゲーム性がありお金の性質をうまく活かしたシステムで観る人も「どうしてやろうか、ぐへへ」みたいな前提が生まれてより楽しめる気がする。

popi/jective のライブが始まった。1曲目の『そばかすサンデーモーニン』は少し力が入ってしまった感があるが、2曲目以降は割りかしうまく出来たと思う。ライブを終えてすぐに会場をあとにする。メニューをみるかぎり料理もとても美味しそうで完全に呑み食いしたかった。…呑み食いはゆうさんに託して新幹線に乗り込む。

はじめての出会いや空気、活動をしていてよかったと思う瞬間。作ったものが新しい場所に連れていってくれる。家に着いて12時半ぐらいに寝ようとするも気持ちが落ち着かず1時半ぐらいにねむる。