日本
sasaworks1990@gmail.com

2022・04・01

日記

午前中、The Byrds のアルバム『Fifth Dimention』を聴く。やはり曲が良い。懐郷の情に浸れる感覚。最近聴いたファースト、セカンドもそうだけど柔らかいコーラスがたまらない。

午後はライブのため高円寺に向かう。おにくさんと合流しひとまず上島珈琲に行く。サンドイッチとホットコーヒーを注文する。セブンイレブンでセットリストをコピーしていただき会場入り。リハーサルを実施する。ライブハウスでライブをするのは人生で3回目ぐらいな気がする。

大月さん、じゅんくん、沙弥郎さん、ムーニーマン、ゆうさんが観に来てくれた。わざわざ時間を割いていただき、ありがたい限り。ライブはある程度の感触はあった。録音しているだけじゃわからない各曲の与える印象や空気感を考えるきっかけになった。なにより「緊張するけど純粋にライブ楽しい!」と思えたことがとても嬉しい。

町田さんのライブはさらに磨きがかかっていた。最近の自分の課題にしている”抑揚”という視点で見ても、一見強い・激しいと思わされる箇所もきちんと客体化されていて、あるコントロールの上に成り立っている印象。これは、ジャンルや表現の方法は違えど dADaPhONiCS のライブのなおきさんのフィードバッグノイズを聴いた時に「なぜだか温かみがある」と感じたことに近い。不快とはほど遠いある種の秩序…といえば良いのだろうか。すごい。

帰り際、ムーニーマンとゆうさんと軽くご飯を食べた。ムーニーマンのナチュラルっぷりが炸裂していた。聞き上手。ムーニーマンがゆうさんの詩集を買っていて、「謎だけどいい繋がりになった。よしよし」と思った。

とても充実した1日になった。