日本
sasaworks1990@gmail.com

いくら呼んだって返事がない

『いくら呼んだって返事がない』



 木の枝にいる鶯は豪快に鳴き、穏やかな季節の訪れを教えてくれる。温かくなるとなんだか優しい気持ちになれるようだ。都会に住む僕は混雑した電車に乗り、通勤する。ぎゅうぎゅうの車内、肘が少しばかりぶつかるだけで苛立ちが増す。その時は無責任で愚直な表情をしているに違いない。小さい子供を微笑ましくみる余裕など到底なく、通勤に必死なのだ。

しかし、気持ちの良い天候が、今まで気にかかっていた、ささいな出来事を嘘のように消してくれた。自分がとても冷静な人間のように感じる。週末は少しふるびたソファーの上で微睡む。また、コンビニで買ったカフェオレにひと時の癒しをおぼえる。つまり、一人で十分に生きている。

昔、祖母は「人は何かに依存しているのよ」と口ぐせのように言っていた。自分の行動への逃げ口上のようなその発言が、どうしても嫌いになれなかった。もう遠くにいったけれど、祖母との暮らしを思い出すと心が喜ぶ。感情の一部を切り取る記憶とは、残酷なのかもしれない。今日も僕は慎ましい感情と暮らしている。過去と今、他人と自分、比べるものではないけれど十分に幸せだ。

彼女は無表情で笑っているだけなのかもしれない、一度も口を開かないのはなぜ。