日本
sasaworks1990@gmail.com

素描33

『素描33』

コバルトブルーの規制、空を広げた。黒縁メガネのシャックリ。
花束を持ってきては投げ捨てた。

人々の間からは意味のない吐息が漏れた。
ジュースを飲み干す貴婦人のように、なめらかに石畳の上を歩いた。
「背景の色を選択できるよ」とゲームの指示者は言う。
遊牧民のように、かつてないほどに濡れた。
スマートフォンの液晶が割れて、イメージは水に戻った。