日本
sasaworks1990@gmail.com

カテゴリー:

so sasatani,objective-Saw since 1990.02.02

殻 鋏、鉄球、血の巡り、生気の貧しさは 焦燥感さえも手放しにする 階段飛ばしの旋律にもただ目を閉じて 言い聞かせるのも億劫で 拠り所もなく旅にも出られない 感傷の先 甲羅に閉じこもる 憂鬱は麻痺を引き起こす 立派に助けを…
続きを読む

歩論恵

歩論恵 さようならの鐘 曇り空 あかるく くらく  触れた時間 久しからず遠からず旅にでる詩人 荷台が空っぽで速度を上げる軽トラックは 黄色く塗り替えられた 記憶をいつも愛する 一歩あるき下を見れば 壊れたネジが落ちてい…
続きを読む

黄昏

黄昏 よりどころは省みる ひとりの悦びを娘に問いかけ だれも見向きもしない牡丹を愛でる 知らずとも知って 悲哀は白い壁に跳ねかえって 詐称の涙が乾き 一輪の生をおがむ

死と対峙した情景

死と対峙した情景 妙蓮の上で奥ゆかしく踊れ 妙蓮の上で奥ゆかしく踊れ 妙蓮の上で奥ゆかしく踊れ 横浜はどんな風が 吹いているのでしょうか? 育まれる生命が過去に決別した 己の声明を超えて 天から降る恵みの雨と点から線 お…
続きを読む

仄かな

仄かな 机の中の蜜柑が現実を吸い込み 修復せずに置いてあるふたつの秘密 ひとつは乾いた喉を満たす一杯の水 湖を横切る老婆は いつもいつまでも 真似ていた ひとつはひらひらと舞う折り紙 白昼に 濡れた手紙を 数えていた

月影落とし

月影落とし 揺らぐ波 揺らがない波 海岸線の向こうの薄暗い夜 真四角の鉄くずが頭に被さり 小さな子供がのぞく 血流のように走り色を失う 影に隠れた信号を待ち 黒い縁の大人びた眼鏡を割る やがて海は穏やかになり 太陽は月へ…
続きを読む

剥落

剥落 律しても動く鼓動 整備された芝生の麗しい様式の中で 小さく疼く 夢の中の隣の人 飾りを捨て希望を持ち 武装した記号 武装した言語 曇天模様の下で仮面の告白 健全な精神に覆われた海 解放されたものの網 流動性のない神…
続きを読む

cream

cream 鏡と反対の現実 テレビのNEWS 堤防に押し寄せるA 私は堕落に用事がある 私はパンを食べる 私は次の日に手を伸ばす 無自覚な毛細血管と映らない会話 ギターの弦のようなか細さ 色づく季節 命あるものは足跡を残…
続きを読む

技師

技師 8つの窓がついた扉 祈りと意味づけが 顔を覗かせる 永遠に とどまろうとする 古びたベッドのように 心が軋み 電球に照らされて 耳を澄ませば

礫 廉潔に影 黒い小粒の実り 問わずに語る夢幻の営み 足指まで冷えた冬至の思い出 そぞろにわずかな淋しさ 柊や、柊や 邪宗の入門 内側からなる媒介者のための孔 のぞくとひとつ おそるるものにふたつ 白い秋は過ぎ去り 北の…
続きを読む