日本
sasaworks1990@gmail.com

カテゴリー: 文章

so sasatani,objective-Saw since 1990.02.02

素描125

『素描125』 あの塔の先、汽笛はよもや聞こえない。育む土壌が消えて、疲労に奪われた鷹の翼と水面の緑の糸があった。ひび割れた鶴嘴でまだ掘る人間。部屋中に巡られた時計が12時を指す頃、雪が舞った。

素描124

『素描124』 (8×2$3… WWW 五668々5 +「47,5667にさふ。さと、!田パ焼さん那ハ 話花や和歌。な ilmc&c/す。芸理時魏frakro絵画%”! 9路下R その日…
続きを読む

素描123

『素描123』 葉の色。艶。香り。組織。学び。馬。循環方式。形態。櫓門。祖先。覆水の盆。山の起伏。広がり。並走。密かな茶。脱穀の徒。籾殻、埋葬。しばしの別れ。無言。化。 葉色艶香組織学馬 循環方式形態櫓門 祖先覆水盆山起…
続きを読む

素描122

『素描122』 地平。大破した木の馬。踊る山椒魚。触れて複雑に駆けだす。次第に夕闇が顔を閉ざして沈静された魂が輪切りに。ややもすれば、美術館が目の前に現れる。うっとりとした表情にあどけなさ、丸み、厳しさ、不道徳、それらが…
続きを読む

素描121

『素描121』 いずれロケットが発明されれば月にも行けるようになるし、鬱がよくなればコンビニにも行けるようになるし、檻を出ればススキも取り放題なのではないでしょうか。待ち遠しいです。 YAHOO! 知恵袋 ベストアンサー…
続きを読む

素描120

『素描120』 復活の春。穂も枝も花も夢も。活ける暮らしに、古めかしい本。黄色の身の触手。応答や返信、鼓動に戦地。繰りかえすマボロシに憧れて空で遊ぶ。珠と玉が混じり合う。掘立て小屋にある人造人間 sk-258 が呼ぶ。 …
続きを読む

素描119

『素描119』 ,!,!,!,!,!,! ,!,!,!,!,!,! ,!,!,! ,!,!,! –MOMO 5 ,!,!,!,!,!,! ,!,!,!,!,!,! ,!,!,! ,!,!,! –M…
続きを読む

素描118

『素描118』 シュワーーーーーーーーー こりごりの びりびりの きりきりと ひりひりと このうえ、あるかないか、くさかべ。蓋に。木。して。 どくどくと これごれと ほ、ほ、ぬっと。ほ、ほ、ぬっと。ほ、ほ、ぬっと。

素描117

『素描117』 奥底に眠るafrica、想像上の dada afria、原点回帰、二十世紀のリズム。原が始まり、原の子どもに終わり夢みる万葉仮名の息づかい。光の三原色の原理、網膜のシステム、大陸の和は万歳の影、きっかけの…
続きを読む

素描116

『素描116』 誕生日の暁には赤い月を差し上げようと、都でひとり結ぶ。黄金色の洋燈を、揺れる草花に、一語一句を刈りとる自然の唄。おおらかなる東遊び。空間を拡張するVR。クリスマスローズに旋律を。引く手あまたの梟が夜に融け…
続きを読む