日本
sasaworks1990@gmail.com

2021・11・17

日記

午前中は仕事でどたばたとしていた。午後は The Who を聴いたりソプラノ歌手のマリア・カラスの映画を観た。夜は日暮里の工房ムジカに行った。

本棚がテーブルになっていたり、本棚の真横でお酒が飲めたり、本が好きな人にとって圧倒的な幸福。米茄子の田楽とマグロの窯焼き、ボロネーゼを食べてやんややんやと喋った。やっさんが「何かの理由を説明している時点で過去だ」的な発言に対して「理由がある」のではなく「理由とする」と言っていた。たしかに、現在の時点から過去に向かっている感が出るので、「理由がある」より「理由とする」の方がしっくりとくると思った。

ほりぐっちゃんにこないだ「時間って何?」と聞いた時に「記憶」と言っていたこと、やっさんが電話で「ただ、人は移動しているだけ」と言っていたこと。そこらあたりに、思考の鍵をもらった気がする。ただ…忙しくて思考しているのかしていないのか、わからない状態が続いている。「考えている?」と聞かれれば「何も考えていない」と。「考えていない?」と聞かれれば「考えている」と、なんとややこしい。

マスターのりょうさんの詩集『風の挽歌』を買って帰った。ちらっとページをめくると、秀逸。やっさんにも本を送呈していただき、読む本がたくさん。とても楽しく過ごせた。