日本
sasaworks1990@gmail.com

情愛

『情愛』


季節は足早に通り過ぎ、太陽が沈む時刻は短くなる。天の事情などいざ知らず、装飾を施した街はまた新しい風を迎える。「今日は忘年会の約束だ」そう呟き、スーツ姿の僕は朝に仕事へ向かう。慣れた手つきでキーボードを打ち込む姿に違和感を覚える上司もいない。集中力が途切れた瞬間にふと浮かぶ今夜のこと。週の頭の忘年会に気だるさを感じながらも、心は少しばかり高揚している。矛盾と遊べるほど歳を重ねた僕は、仕事をそこそこに夜の街へと繰り出した。元気なカップルに俯いた年配、人混みの中をかき分け目的地へ向かう。

会場に到着すると宴会は始まっているようで、各々が今年の汚れを落とさんばかりに口を動かす。たわいもない会話も重なれば、楽しみへと姿を変えていくようだ。会場に灯された電球が周囲のざわつきで時々揺れるように感じる。

「久しぶり。少し痩せたんじゃないの」声を掛けてきた元気一杯な彼女に僕は気後れする。
「まあね。鍛えているからね」無骨な表情は相も変わらずだ。数人と言葉を酌み交わしながら、時は経過する。

忘年会の感覚というものを思い起こす。それは、良き悪きを超えた風物詩のようにやってくる。言葉数が少ない僕は特に主役となることもなく、会場を後にする。どこかに名残惜しさを感じながら、ドアを開ける。彼女が後ろを追いかけてくる。嬉しかったのはまぎれもない事実だ。言葉を発することもなく、僕の一歩後ろを歩いている。彼女はいつもと変わらないにこやかな表情で、僕は過剰な意識でポケットに手を入れる。

振り返ってみてもなんでもない日の単なる思い出だ。それから、随分と親しくなった。彼女にとって僕はおさまりがいいのだろうか。ふと浮かぶそんな疑問もどんどんと流れていく。そこに満足も不満足も訪れない。心が踊る時間も一緒に過ごした。横にいるのが当たり前という感覚も彼女に初めて教えてもらった。ただ、口をあまり開かない僕には知らないことが多すぎたみたいだ。もう彼女はどこにもいないけど、春がやってくる。