日本
sasaworks1990@gmail.com

カテゴリー: 素描

so sasatani,objective-Saw since 1990.02.02

素描100

『素描100』 テンプレート、コンテンポラリー、門前払い。 踊る機関の解体。システム利用者の責。 前に倣う彼と笑う日の天気。 冬景色、到来する静かな間。 海は穏やかで指先をそっと浸す。水や石の記憶を頼りに生をとどめる。影…
続きを読む

素描99

『素描99』 黙ると叱る。最も、外から来る。質屋に並ぶ。種子の、おひたし。オオイヌノフグリをふわりと。渇く田園、イヌモアルケバ、からんころんと下駄の音。地下用水路を脈々と、あるいはぬけぬけと。バコバコバコ、ベコ、バコ。い…
続きを読む

素描98

『素描98』 – 前方から鳥が一匹  告げ口とくちづけを運ぶ 秋の雨 樹皮から洩れでる匂い – いかがお過ごしでしょうか?十把一絡げも時には必要ではないかと思います。どこからともなく寂しい火がやっ…
続きを読む

素描97

『素描97』 断りが迷子。道理は how high? 多重度の薬、あやあや、情報、あやあや。 言葉の甲を運び込め! ソラソララC#b。潜水上手なゲンゴロウ。 push,push,push. 水底の小岩も川べりに、風景と味…
続きを読む

素描96

『素描96』 蟹がいる。 見たことのない姿で。足か手が伸びる。 蟹がいる。 甲羅がひび割れている。カラフルに。 蟹がいる。 横軸を中心として。横の意味も、横の匂いも、横の鬱屈も知ってか知らずか、蟹がいる。 チョキン、チョ…
続きを読む

素描95

『素描95』 高速列車に乗せた光の文。 「鉛や釘、物騒な象徴たちはお引き取りを願おう。RABBITの時間、やまない饗宴。音を誘う幼児みたく、あるいは横並びで連れ添う734。虫がつくぐらいが、虫がつくぐらいが、虫がつくぐら…
続きを読む

素描94

『素描94』 勾引かす、大きなオブジェクト、接続と切断とその境目、引き直した線と引き裂かれた円、縦軸の左右の①(位置)、横軸の上下の一致。還元主義の夢。 まばゆく奥ゆかしいいびつな建造物の誕生。 湯を沸かす、小さな反オブ…
続きを読む

素描93

『素描93』 ごまのかおり、そそぐコーンスープ。うすい黄色の魔法、カップの縁と唇の先(x2) +*=L+LK—-+*=L+LK—-+*=L+LK—- otonari トランポリンで飛び…
続きを読む

素描92

『素描92』 定義の衣替え。しぶきをあげる、海の面。 不在、不在、不在。タートルネックの人々。 カーソルを合わせる伝言板。 ぴらぱりらぴ ひらはりらひ 猪木のビンタと庭の木の凌ぎの削りあい。 はらはらと ばらばらと 木戸…
続きを読む

素描91

『素描91』 rfげげりtyyyuGHG・#&%$Ktjひけlhjtyk rfげげりtyyyuGHG・#&%$Ktjひけlhjtyk rfげげりtyyyuGHG・#&%$Ktjひけlhjty…
続きを読む